会社概要

事業概要生殖医療、婦人科チェーンのプロデュースとシステム開発
設立2021年6月
経営チーム中井 友紀子/代表取締役CEO, Founder 椎野 孝弘/取締役CTO, Co-Founder 坂本 教晃/社外取締役 佐俣 アンリ/社外取締役
アクセス
〒103-0028 東京都中央区八重洲一丁目5番20号 東京建物八重洲さくら通りビル一階
 

経営メンバー

代表取締役CEO

中井友紀子

2009年オプト(現DIGITAL HOLDINGS)入社、デジタルマーケティング及び女性向けコンシューマ事業の立ち上げに従事。2013年にコミュニティファクトリー入社後、ヤフーによる同社買収/PMIに伴いヤフーへ転籍。
2015年に同社子会社であるTRILLの代表取締役に就任。女性向けメディアとしてTRILLを立ち上げ、2,000万人規模の媒体に成長させた実績を持つ。
2021年に自身の不妊治療経験を経て当社設立、代表取締役CEOに就任。
メッセージ from CEO
30歳を過ぎ多嚢胞生卵巣症候群と気がついてから取り組んだ自身の2年半3クリニックでの不妊治療の経験から、すでに産みたいと思った時には選択肢が狭まってしまっていた事を痛感し、前職まで従事していた情報メディアで自身は「何を届けてきたのか」と後悔いたしました。情報の非対称性を埋めて、仕事と両立できるクリニック受診体験を創り、「人生の選択肢」を一人でも多く増やしたいと志してARCHを創業いたしました。
私たちは国力そのものである「出生率低下」という社会課題に対し、培ってきたIT技術やノウハウを惜しみなく投下し真正面から挑んでいます。
次代を担う子供たちにこの課題を残さないよう、「誰かが変えねば待っていてもきっと変わらない未来」を少しでもよくしたいと強く想う情熱的なチームで組織され、全身全霊チーム一丸となってプロダクトづくりを行なっていく所存です。
取締役CTO

椎野孝弘

米国セント・マイケルズ大学経営修士課程修了後、2社のExitを経て、コミュニティファクトリー社に取締役CTOとして参画。’11年同社をヤフー社へ売却後、スマートデバイス推進本部テクニカルディレクター、アプリ開発事業本部長、ヤフー社モバイル戦略責任者に就任し、IoTプラットフォーム事業ユニットマネージャー、子会社のTRILL社取締役、インド通信キャリアとの合弁であるIgnite World Ltd.社取締役を兼務。
その後、BCG Digital Venturesの立ち上げにTokyo RegionのCTOとして参画。’17年株式会社FOLIOに取締役CTO、’19年1月株式会社KyashのCTOを経て’21年6月当社を創業。
メッセージ from CTO
日本の出生率低迷が叫ばれて久しく、これを解決すべく2022年不妊治療の保険診療化など国の本格的な取り組みが始まりました。取り組みとしては重要でありつつ、出生率低下・少子化問題は課題の表層部(結果)であり、自身の夫婦での不妊治療経験を通じてその根には夫婦のあり方や出産・子育てと自己実現の両立を含めた人生のあり方において、社会の構造が変わっても、これまでの慣習や考え方のアップデートが進んでいないからではないかとも考えるようになり、これからの新しい社会作りに自分ごととして参加すべきと思うようになりました。 長年のITにおける多種多様な事業やプロダクトを育てていった経験を活かすべく、医療者だけでは気づきづらい観点を持ち、婦人・不妊医療領域及びそれらに関連する社会課題領域の解消をDXを通じ、変わりゆく社会において家庭を中心に据えたさまざまな人生オプションが作れる状況を生み出したいと考えています。
 
写真左からXtech Ventures 手嶋氏、ARCH 椎野、ARCH 中井、UTEC 坂本氏、ANRI 佐俣氏